【マイホームヒーロー】の感想とあらすじ、突然日常の平凡な暮らしが奪われたら!?

愛する家族にある日とんでもない連中から狙われたら平凡なサラリーマンはどうするでしょうか。

これは、そんな平凡な日常のすぐ隣に潜んでいるような運命のいたずらで起きてしまったドラマです。

二転三転する息を飲むようなストーリ展開が楽しめます。

1.作品紹介

主人公「鳥栖哲雄」はどこにでもいる平均的なサラリーマン。

仕事はおもちゃメーカーの営業で、家族は大学の後輩だった妻の「鳥栖歌仙」と娘の「鳥栖零花」

零花は大学に通っているが現在のところ反抗期真っ只中で家出して彼氏と同棲中。

哲雄と歌仙は零花を溺愛しており、特に零花から距離を置かれている哲雄はその日も娘の様子を心配してファミレスで会う約束をしていました。

遅れてやってきた零花の顔には誰かに暴力を振るわれた痕跡があり、これを見た哲雄は驚いて零花を問い詰めますが、面倒くさくなった零花はそそくさとファミレスを出てしまいます。

 

後を追い店を出た哲雄ですが、途中いかにもヤバそうな男達とすれ違い、すれ違いざまに聞こえて来た男達の会話が聞こえ、零花の同棲相手「延人」がその中にいることに気づき、後をつけますが、仲間に見つかり半殺しにされてしまいます。

 

延人が半グレ組織の構成員であることに気づき、哲雄は零花を守るべく確認のため留守中の零花の部屋に上がり込むのでした。

そして、そこへ運悪く「延人」が部屋にはいって来ます。

とっさにクローゼットに隠れ、息を潜める哲雄だが携帯で誰かと話す内容から、延人が過去付き合った女性を二人殴り殺す程の凶暴な性格であることを知ります。

 

更に延人は自分の事を父親に告げ口していることを聞くと感情がエスカレートしていきます。

この様子を見て、ますます零花の命の危機を感じた哲雄はある行動に出ることを決心します。

 

もう引き返す事の出来ない哲雄。果たして哲雄は零花を守る事が出来るのでしょうか?

 

息を飲む展開で読む手が止まりません。
ストーリ展開も作画もとても素晴らしい作品です。

 

2.主な登場人物

1)鳥栖家

①鳥栖哲雄(とすてつお)

本作品の主人公で平均的なサラリーマン。
趣味は推理小説を書くこと読むことで、10年程ネットの推理小説投稿サイトで活動している。

家庭を大事にしている反面、反抗期の娘が自分に対して拒絶感丸出しなのが悲しい。

拒否られても拒まれてもその愛情はとても強く、娘のピンチにはヒーロー以上の勇気と行動を見せる。

②鳥栖歌仙(とすかせん)

主人公鳥栖哲雄の妻。実家は老舗呉服屋の「和服の鳥栖」で財があるがために娘が半グレ組織に目をつけられることに。

とても肝が据わっており、窮地の哲雄の絶大な支えとなる。学生時代に哲雄と同じ演劇サークルで知り合う。

③鳥栖零花(とすれいか)

哲雄と歌仙の一人娘。家を出て半グレの延人と同棲していたが、ある日延人から受けたDVによるアザを哲雄に見られてしまう。

反抗期真っ只中で哲雄には思いっきり冷たくハッキリ拒否するが、哲雄と歌仙からみるとまだ子供だがしっかりとした行動派。

2)半グレ、組織

①真島恭一(まじまきょういち)

組織から指示を受け半グレ達を動かすリーダー級の立ち位置で各種犯罪すきるも高い。延人の捜索を受け鳥栖家の周辺を探る。

②麻取延人(まとりのぶと)

鳥栖家の一人娘零花の同棲相手。激情すると彼女にも容赦なく手を出してしまう。過去に付き合った女性を2人殺しているヤバいやつ。

組織の幹部。世の中の大半の人間はタイマンで殺せると豪語する。半グレの部下を操り闇の仕事を引き受ける。

④麻取義辰(まとりよしたつ)

延人の父親。単独詐欺師であり、金で組織の人間を動かしている。

息子の延人を溺愛していて、行方が分からない延人を組織の窪達に探すよう指示している。

3.「マイホームヒーロー」のデータ

原作【山川直輝】

作画【朝基まさし】

出版社  【講談社】

掲載誌【週刊ヤングマガジン】

連載期間【2017年~】

漫画書評

Posted by Windy