【みっちゃんとアルバート】の感想とあらすじ、女子大生の前に現れた宇宙人の正体は?

普通に暮らしているニンゲンの前に異世界からの訪問者が現れて奇妙で楽しい共同生活を送るというよくある漫画ですが、絵柄もテンポもポップな感じで面白く毎号楽しみな漫画の一つです。

 

1.作品紹介

4コマ漫画です。

今風なポップなタッチで作者の情報がほぼないのですが作画担当と、ネーム担当の2名で「森長あやみ」と名乗っているようです。

さて、物語は女子大生のみっちゃんがある日宇宙人のアルバートと遭遇するところから始まります。

設定自体は普通に暮らしている主人公の前に、突然宇宙人がやって来て同居が始まるというありがちな設定です。
しかしながら、ポップでイラストチックな感じの絵に、シュールなセリフがうまくマッチしており、面白倍増でツボってしまいました。

宇宙人アルバートはたまにドラ○えもんのようにお助けアイテムを出すのですがこれがまた若干ズレて面白さにパンチが効いているんですね。

アルバートとみっちゃんの後輩のサキちゃんとの掛け合いも面白いです。4コマ漫画なのであまり解説するとネタバレとなって読む邪魔になるので、

今回はこれ位にするクマー。(笑)

 

 

2.「みっちゃんとアルバート」のデータ

作者【森長あやみ】

出版社  【竹書房】

掲載誌【まんがライフオリジナル】

連載期間【2017年~】

漫画書評

Posted by Windy