【累】のあらすじと感想、美醜と愛憎が絡み合うこの漫画のスゴさは必読です

1.作品紹介

眼を見張る美しさを誇り「伝説の女優」として注目を集めた「淵 透世(ふち すけよ)」は女優として絶頂の時期に娘を残してこの世を去ってしまいます。

残された娘「淵 累(ふち かさね)」は母親とは似ても似つかぬ醜い顔で常にイジメにさらされていました。

母の生前、累は口紅の話を聞かされた事をかすかに思い出します。「寂しい時は口紅を使うのだ」と。

そして、クラスの学芸会で「シンデレラ」を演じるにあたり、はっきりとその事を思い出すのでした。

口紅を塗って欲しい顔の相手に口づけをする事で相手と顔が入れ替われる事を。

 

意地悪だけど美人のクラスメイトのイチカから顔を奪う累。

舞台に立ち、母譲りの演技力と、イチカから奪い取った美しさが観客を魅了する醍醐味の中で、累は気づきます。

「美しければそれだけで賞賛される」。

そしてあの美しい母も実は口紅で他人の顔を奪っていたのだと。

さらに高校に進んだ累はまたしても美しい姿をした演劇部の五十嵐幾と入れ替わります。

そして舞台を演じきり、元の顔に戻りたくない、美しい世界の人とはイキモノとして違うのだ、美しい姿が欲しいと心の底から累はそう感じるのです。

そんなある日、累は羽生田(はぶた)という男と出会います。

実はこの男、母が美しい顔を手に入れてきた事を知っている男で、しかも累への協力を申し出ます。

再び丹沢ニナという美人無名女優の顔を奪い舞台に上がる累。

ここから物語は加速していきます。

おのれの醜さによって抑圧されていた演技の才能が、美を手に入れる事で解放されていきます。

目が離せないストーリー展開にあっという間に読んでしまいました。息を忘れる程の恐怖と面白さはおすすめです。

 

 

2.【累】のデータ

作者【松浦だるま】

出版社  【講談社】

掲載誌 【イブニング】

連載期間【2013年~2018年】

漫画書評

Posted by Windy